海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 2305  yesterday : 6230  total : 21223751
← Prev

海上自衛隊横須賀地方隊 艦艇一般公開 伊勢湾マリンフェスタ2010 (四日市港 霞ヶ浦地区) 平成22年8月22日 LCU-2002 輸送艇2号 可搬式消火ガソリンポンプ安全守則(DC-04) 揚錨機安全守則(MA-05) ストッパー安全守則(HS-35) 重量物取扱安全守則(HS-34) ダビット・デリック安全守則(HS-03) 索具取扱安全守則(HS-11) 銘板

jmsdf_09888.jpg :: 海上自衛隊横須賀地方隊 艦艇一般公開 伊勢湾マリンフェスタ2010 (四日市港 霞ヶ浦地区) 平成22年8月22日 LCU-2002 輸送艇2号 可搬式消火ガソリンポンプ安全守則(DC-04) 揚錨機安全守則(MA-05) ストッパー安全守則(HS-35) 重量物取扱安全守則(HS-34) ダビット・デリック安全守則(HS-03) 索具取扱安全守則(HS-11) 銘板

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀地方隊 艦艇一般公開 伊勢湾マリンフェスタ2010 四日市港 霞ヶ浦地区 平成22年8月22日 LCU-2002 輸送艇2号 安全守則 可搬式消火ガソリンポンプ安全守則 DC-04 安全守則 揚錨機安全守則 MA-05 安全守則 ストッパー安全守則 HS-35 安全守則 重量物取扱安全守則 HS-34 安全守則 ダビット・デリック安全守則 HS-03 安全守則 索具取扱安全守則 HS-11 銘板

輸送艇1号型 LCU 1 Class 汎用上陸用舟艇

艦級概観
艦種 輸送艇
建造期間 1987年~1991年
就役期間 1988年~就役中
前級 
次級 

性能諸元
排水量 基準:420t
満載:540t
全長 52.0m
全幅 8.7m
深さ 
吃水 1.6m
機関 ディーゼル(3,000PS) 2基
速力 最大12kt
定員 28名
武装 20mm機関砲 1門

就役艦艇
LCU-2001 輸送艇1号
LCU-2002 輸送艇2号
HS-03 ダビット・デリック安全守則

 1 作業指揮は、明確に行え。
 2 救命胴衣及び安全帽を装着し、命綱につかまれ。
 3 ストッパーの操作は、確実に行え。
 4 底栓を確かめよ。
 5 規約信号は、明確に行え。
 6 ワイヤーに巻乱れが生じていないことを確かめよ。
 7 クレードルの各停止位置又はダビットのピンの脱
 着を確かめよ。
 8 艦の動揺に備えよ。

HS-11 索具取扱安全守則

 1 索は、安全使用力の範囲内で使え。
 2 わがねた索の内側に入るな。
 3 索をけったり、踏んだりするな。
 4 張力の掛かった索の屈曲部及び延長線上に近づくな。
 5 機力で索を巻くときは、巻回数を厳守し、張力に逆らうな。
 6 索を結ぶと破断力が減少することに注意せよ。
 7 索の繰り出し及び巻込み作業は、ドラム及び索道等から1m以上離れたところを保持して行え。 (特に軽量化係留索は、すべりを考慮せよ。) 
 8 索の特性を考慮して使え。
 9 ストッパーは、正しく掛けよ。
HS-34 重量物取扱安全守則

 1 作業指揮は、明確に行え。
 2 控索をとれ。
 3 重量物の下に入るな。
 4 必要以上に高く上げるな。
 5 揚げ降ろしは、静かに行え。
 6 障害物が無いことを確認せよ。
 7 固定及び格納には、十分な処置を講ぜよ。
 8 安全帽を装着せよ。
HS-35 ストッパー安全守則

 1 十分な強度のストッパーを使用せよ。
 2 ストッパーは、正しく掛けよ。
 3 ストッパーに張力を掛ける際は、ストッパー員及び周囲の作業員が了解したことを確認せよ。
 4 ストッパー員は、屈曲部の内側に入るな。
DC-04 可搬式消火ガソリンポンプ安全守則

 1 区画内で、運転するな。
 2 揚水しないで2分以上運転するな (水冷式) 。
 3 真空ポンプは、2分以上連続して使用するな。
 4 ガソリンを補給するときは、エンジンを停止せよ (カセット式を除く) 。
 5 油の移動に使用するな。
MA-05 揚錨機安全守則

 1 起動時には、操縦ハンドルが停止の位置にあることを確かめよ。
 2 試運転は、錨びょう鎖車の離脱を確かめ、甲板員に連絡した上、行え。
MA-33 揚錨機安全守則

 1 錨いかり固定装置切替弁を固定の位置とする場合は、揚錨びょう機制御弁が中立位置であることを確かめよ。
 2 試運転は、クラッチを「嵌かん」とし、上甲板員と連絡した上行え。

[Permalink] [Download]

Next →
Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!