海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 8364  yesterday : 14486  total : 21742330
← Prev

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 XP-1 対潜哨戒機

jmsdf_07723.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 XP-1 対潜哨戒機

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 XP-1 対潜哨戒機

性能・主要諸元 XP-1 哨戒機
全長:38m
全幅;35m
全高:12m
離陸重量:80t
発動機:IHI XF7-10 ×4
出力:12000lb (5,400kg) ×4
巡航速度:450kt (833km/h)
巡航高度:13,520m
航続距離:4,300海里 (8,000km)
武装:対艦ミサイル、短魚雷、対潜爆弾、主翼下ハードポイントにて最大8発の対艦ミサイルを搭載
用途:対潜哨戒機
製造者:川崎重工業
運用者: 日本国海上自衛隊
初飛行:2007年9月28日

兵装
対潜魚雷
対艦誘導弾
対潜爆弾

電子装置
ESMアンテナ
磁気探知機 (MAD)テイルブーム
国産の新型フェーズドアレイレーダー HPS-106
合成開口レーダー(SAR)
赤外線探知装置 (IRDS)
ソノブイ発射口は機体下面
人工知能戦闘指揮システム
敵味方識別装置 (IFF) アンテナ
通信・航法・ソノブイ電波受信用のアンテナ

備考
中期防衛力整備計画(平成17年度~21年度)では4機の導入を予定しており、
2010年(平成22)度以降にP-3Cの減数が始まることに合わせ、
2008年(平成20)度予算に4機(量産1号機/通産3号機以降)分679億円が盛り込まれた。

[Permalink] [Download]

Next →
Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!