海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 2149  yesterday : 9577  total : 25093339

検索の結果

掃海・輸送ヘリ

に関連するファイルを表示中。


海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_10330.jpg :: 海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_10321.jpg :: 海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_10317.jpg :: 海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_10305.jpg :: 海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊館山航空基地 開隊57周年記念行事 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成22年10月10日 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 MCH-101 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_08296.jpg :: 埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 MCH-101 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 MCH-101 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター

主回転翼直径:18.6 m
尾部回転翼直径:4.0 m
胴体長:19.5 m
胴体幅:4.6 m (テールフィン除)
全長:22.8 m (テールローター含、メインローター除)
全高:6.63 m (テールローター含)
空虚重量:10.5 t
有効積載量:5.443 t
最大離陸重量:15.6 t
発動機(民間用):GE CT7-6A (2,000軸馬力(shp)) 3基
発動機(軍事用):GE T700-T6A1 (2,145軸馬力(shp)) または R&R/チュルボメカ RTM322 (2,263軸馬力(shp))
超過禁止速度:311 km/h
巡航速度:280 km/h
乗員4名

装備品
ミサイル警報装置
チャフ揚弾装置
フレア発射装置


海上自衛隊では、掃海機および輸送機として運用。MH-53E 掃海ヘリコプターの後継機
性能・主要諸元 CH-101 輸送ヘリコプター

主回転翼直径:18.6 m
尾部回転翼直径:4.0 m
胴体長:19.5 m
胴体幅:4.6 m (テールフィン除)
全長:22.8 m (テールローター含、メインローター除)
全高:6.63 m (テールローター含)
空虚重量:10.5 t
有効積載量:5.443 t
最大離陸重量:15.6 t
発動機(民間用):GE CT7-6A (2,000軸馬力(shp)) 3基
発動機(軍事用):GE T700-T6A1 (2,145軸馬力(shp)) または R&R/チュルボメカ RTM322 (2,263軸馬力(shp))
超過禁止速度:311 km/h
巡航速度:280 km/h
乗員4名

備考
AGB-5003 Shirase しらせ(2代目)用に3機のCH-101が文部科学省予算で調達。海上自衛隊によって運用される。
S-61Aの後継機として平成16年に調達を開始し、欧州のアグスタ・ウェストランド社のEH-101多用途ヘリコプターを
川崎重工業が改修し、平成19年9月に受領した。
掃海・輸送機MCH-101と同型機で性能等は同様だが、搭載エンジンが若干異なる。全自動でメインローターと
尾部折りたたみが出来る装置を装備し、艦船の搭載に対応できるヘリコプターであるため、平成21年度からの
南極観測協力に参加。海上自衛隊の第111航空隊での試験と訓練を経て、平成21年10月にしらせ(2代目)に搭載。

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース 模型展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_07710.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース 模型展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース 模型展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_06737.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ 案内パネル

jmsdf_06736.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ 案内パネル

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ 案内パネル

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ 案内パネル

jmsdf_06735.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ 案内パネル

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ 案内パネル

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

jmsdf_06734.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設50周年記念行事 平成21年10月11日 地上展示 MH-53E 掃海・輸送ヘリ

性能・主要諸元 MH-53E 掃海ヘリコプター

全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
高さ:8.46
幅:8.41m
主回転翼直径:24.1m
発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
速度(巡航) 150KIAS
上昇率(海面上) 664m/m
上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
航続距離 2,070km(空輸時)
乗員:8名

海上自衛隊は、1989年から部隊配備を開始して11機を取得。
1995年に事故により1機が失われ、残りの10機が岩国基地の第111航空隊で運用されている。
海上自衛隊MH-53Eは近い将来退役が予定され、後継機はMCH-101に決定している。

[Permalink] [Download]

サイト内検索

番号 情報タグ 日付 オリジナルファイル MD5

AND OR

 

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!