海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 1798  yesterday : 11308  total : 22151720

検索の結果

2006

に関連するファイルを表示中。


海上自衛隊館山航空基地 開隊56周年 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成21年10月11日 地上展示 UH-60J 救難ヘリ

jmsdf_06756.jpg :: 海上自衛隊館山航空基地 開隊56周年 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成21年10月11日 地上展示 UH-60J 救難ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊館山航空基地 開隊56周年 ヘリコプターフェスティバル in Tateyama 平成21年10月11日 地上展示 UH-60J 救難ヘリ

性能・主要諸元 UH-60J 救難ヘリコプター

乗員: 5名
全長: 19.76 m
全幅: 5.43 m
全高: 5.13 m
全幅:
ローター直径: 16.36 m
円板面積: 210 m2
空虚重量:
運用時重量: 9,900 kg[4]
最大離陸重量: 11,100 kg[3]
動力: GE/IHI T700-IHI-401C ターボシャフトエンジン、 (1,662 shp) × 2

性能
最大速度: 約265 km/h (143 kt)
巡航速度: 約235 km/h (127 kt)
フェリー飛行時航続距離: 2,200 km[3]
航続距離: 約1,295 km
実用上昇限度: 約4,000 m (13,500 ft)

武装
ドアに12.7mm重機関銃M2、両側面の窓に5.56mm機関銃MINIMIを装備可能

海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊で採用されておりそれぞれで装備品等の違いがある。

[Permalink] [Download]

横浜開港150周年記念 メキシコ海軍 艦艇訪日 一般公開 平成21年6月2日 ARM Cuauhtemoc クワウテモック

jmsdf_05841.jpg :: 横浜開港150周年記念 メキシコ海軍 艦艇訪日 一般公開 平成21年6月2日 ARM Cuauhtemoc クワウテモック

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横浜開港150周年記念 メキシコ海軍 艦艇訪日 一般公開 平成21年6月2日 ARM Cuauhtemoc クワウテモック

[Permalink] [Download]

橫須賀市制100周年記念 橫須賀マリンフェスタ 07 平成19年9月22日 開門前 横須賀長浦港(船越岸壁) MSO-301 やえやま Yaeyama MSO-302 つしま Tsushima MSO-303 はちじょう Hachijo

jmsdf_03293.jpg :: 橫須賀市制100周年記念 橫須賀マリンフェスタ 07 平成19年9月22日 開門前 横須賀長浦港(船越岸壁) MSO-301 やえやま Yaeyama MSO-302 つしま Tsushima MSO-303 はちじょう Hachijo

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

橫須賀市制100周年記念 橫須賀マリンフェスタ 07 平成19年9月22日 開門前 横須賀長浦港 船越岸壁 MSO-301 やえやま Yaeyama MSO-302 つしま Tsushima MSO-303 はちじょう Hachijo

やえやま型 MSO YAEYAMA Class 掃海艦

艦級概観
艦種 掃海艦
建造期間 1990年 - 1991年
就役期間 1992年 - 就役中

性能諸元
排水量 基準:1,000t
全長 67m
全幅 11.8m
深さ 5.2m
吃水 3.1m
機関 三菱NMU-TKI ディーゼル(2,400hp)2軸推進 2基
速力 14ノット
乗員 60人
武装 20mm機関砲 1基
ソナー SQQ-32

掃海装備
深深度機雷処分具 S-7(2型)
深深度係維掃海具 S-8
磁気掃海具
音響掃海具

概要
機雷の高性能化に対応し、深深度に敷設された機雷を排除できる能力を持たせる為に建造された。
船体は、基準排水量が1,000トンであるが木製である。
深深度機雷用の探知機、処分具、掃海具一式を備え、中深度用の磁気、音響掃海具、水中処分具も装備している。
掃海作業中は、艦位の保持、把握が重要なため、衛生を利用した精密航法・指揮支援装置を装備している。
また、機雷処分用に多銃身20mm機関砲を搭載している。

就役艦艇
MSO-301 やえやま Yaeyama
MSO-302 つしま Tsushima
MSO-303 はちじょう Hachijo

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai より望む DD-107 いかづち Ikazuchi 索(もやい)捌きも終盤いよいよ出航 動画

Get the Microsoft Silverlight and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai 望む DD-107 いかづち Ikazuchi もやい 捌きも終盤いよいよ出航 動画

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai より望む DD-107 いかづち Ikazuchi 索(もやい)捌きも終盤いよいよ出航 動画

Get the Flash and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai 望む DD-107 いかづち Ikazuchi もやい 捌きも終盤いよいよ出航 動画

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai より DD-107 いかづち Ikazuchi との、索(もやい)捌き 動画 その2

Get the Microsoft Silverlight and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai DD-107 いかづち Ikazuchi との もやい 捌き 動画 その2

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai より DD-107 いかづち Ikazuchi との、索(もやい)捌き 動画 その2

Get the Flash and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai DD-107 いかづち Ikazuchi との もやい 捌き 動画 その2

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai より DD-107 いかづち Ikazuchi との、索(もやい)捌き 動画

Get the Microsoft Silverlight and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai DD-107 いかづち Ikazuchi との もやい 捌き 動画

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai より DD-107 いかづち Ikazuchi との、索(もやい)捌き 動画

Get the Flash and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai DD-107 いかづち Ikazuchi との もやい 捌き 動画

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai 出航前 マスト付近レーダー等説明 動画

Get the Microsoft Silverlight and Please enable Javascript

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai 出航前 マスト付近レーダー等説明 動画

こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

サイト内検索

番号 情報タグ 日付 オリジナルファイル MD5

AND OR

 

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!