海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 9770  yesterday : 11308  total : 22159692

海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 案内パネル

jmsdf_10145.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 案内パネル

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 案内パネル

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 機首 引退最終一般公開

jmsdf_10144.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 機首 引退最終一般公開

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 機首 引退最終一般公開

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 引退最終一般公開

jmsdf_10143.jpg :: 海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 引退最終一般公開

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊下総航空基地 開設51周年記念行事 基地一般公開 平成22年10月3日 地上展示 YS-11T 引退最終一般公開

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu DDH-181 ひゅうが Hyuga 大きさ比較

jmsdf_10142.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu DDH-181 ひゅうが Hyuga 大きさ比較

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu DDH-181 ひゅうが Hyuga 大きさ比較

ひゅうが型 DDH HYUGA Class ヘリコプター搭載護衛艦

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)
艦名 旧国名[1]
建造期間 2006年 - 2009年
就役期間 2009年 - 就役中(1隻艤装中)
前級 DDH:しらね型護衛艦
次級 DDH:19500トン型護衛艦

性能要目
排水量 基準:13,950トン[2]
満載:19,000トン(推定値)
全長 197m
全幅 33m
高さ 48m
吃水 7m

機関
COGAG方式 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 30ノット
航続距離 
乗員 約340 - 360名[3]

兵装
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
12.7mm機銃 7基
Mk 41 VLS (16セル)
• ESSM 短SAM• 07式 SUMを発射可能 1基
HOS-303 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機
SH-60K 哨戒ヘリコプター 3機
MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター 1機
最大積載機数 11機

C4I
MOFシステム
GCCS-M
NTDS (リンク 11/14/16)
OYQ-10 ACDS
FCS-3改 FCS

レーダー
FCS-3改 多機能レーダー
(捜索用、FC用アンテナ各4面) 1基
OPS-20改 対水上レーダー 1基

ソナー OQQ-21 統合ソナー・システム

電子戦・対抗手段
NOLQ-3C 統合電子戦システム
Mk 36 SRBOC 対抗手段システム
(Mk.137 チャフ・フレア発射機×4基)

概要
海上自衛隊初の全通ヘリ発着甲板を設けた護衛艦。「はるな」型の代替として建造されたが、
3機同時発着艦などヘリコプター運用能力は格段に向上した。
指揮通信能力も優れ、旗艦としてはもちろん、災害時などに洋上司令部の機能も果たせる。

備考
満載排水量は推定で19,000tとされ、他国海軍などの軽空母と同等か上回っており、
正式には「ヘリコプター搭載護衛艦」だが、ヘリコプター空母(ヘリ空母)と称されることもある。
ハリアーIIやF-35BのようなSTOVL機を搭載した軽空母と比較される場合もあるが、
艦首にスキージャンプ勾配などを持たず、防衛省内では、固定翼機の運用は想定、計画されていない。

就役艦艇
DDH-181 ひゅうが hyuga
DDH-182 いせ ise

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu

jmsdf_10141.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu

ひゅうが型 DDH HYUGA Class ヘリコプター搭載護衛艦

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)
艦名 旧国名[1]
建造期間 2006年 - 2009年
就役期間 2009年 - 就役中(1隻艤装中)
前級 DDH:しらね型護衛艦
次級 DDH:19500トン型護衛艦

性能要目
排水量 基準:13,950トン[2]
満載:19,000トン(推定値)
全長 197m
全幅 33m
高さ 48m
吃水 7m

機関
COGAG方式 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 30ノット
航続距離 
乗員 約340 - 360名[3]

兵装
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
12.7mm機銃 7基
Mk 41 VLS (16セル)
• ESSM 短SAM• 07式 SUMを発射可能 1基
HOS-303 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機
SH-60K 哨戒ヘリコプター 3機
MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター 1機
最大積載機数 11機

C4I
MOFシステム
GCCS-M
NTDS (リンク 11/14/16)
OYQ-10 ACDS
FCS-3改 FCS

レーダー
FCS-3改 多機能レーダー
(捜索用、FC用アンテナ各4面) 1基
OPS-20改 対水上レーダー 1基

ソナー OQQ-21 統合ソナー・システム

電子戦・対抗手段
NOLQ-3C 統合電子戦システム
Mk 36 SRBOC 対抗手段システム
(Mk.137 チャフ・フレア発射機×4基)

概要
海上自衛隊初の全通ヘリ発着甲板を設けた護衛艦。「はるな」型の代替として建造されたが、
3機同時発着艦などヘリコプター運用能力は格段に向上した。
指揮通信能力も優れ、旗艦としてはもちろん、災害時などに洋上司令部の機能も果たせる。

備考
満載排水量は推定で19,000tとされ、他国海軍などの軽空母と同等か上回っており、
正式には「ヘリコプター搭載護衛艦」だが、ヘリコプター空母(ヘリ空母)と称されることもある。
ハリアーIIやF-35BのようなSTOVL機を搭載した軽空母と比較される場合もあるが、
艦首にスキージャンプ勾配などを持たず、防衛省内では、固定翼機の運用は想定、計画されていない。

就役艦艇
DDH-181 ひゅうが hyuga
DDH-182 いせ ise

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu

jmsdf_10140.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 海上保安庁 FL-01 ひりゆう Hiriyu

ひゅうが型 DDH HYUGA Class ヘリコプター搭載護衛艦

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)
艦名 旧国名[1]
建造期間 2006年 - 2009年
就役期間 2009年 - 就役中(1隻艤装中)
前級 DDH:しらね型護衛艦
次級 DDH:19500トン型護衛艦

性能要目
排水量 基準:13,950トン[2]
満載:19,000トン(推定値)
全長 197m
全幅 33m
高さ 48m
吃水 7m

機関
COGAG方式 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 30ノット
航続距離 
乗員 約340 - 360名[3]

兵装
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
12.7mm機銃 7基
Mk 41 VLS (16セル)
• ESSM 短SAM• 07式 SUMを発射可能 1基
HOS-303 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機
SH-60K 哨戒ヘリコプター 3機
MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター 1機
最大積載機数 11機

C4I
MOFシステム
GCCS-M
NTDS (リンク 11/14/16)
OYQ-10 ACDS
FCS-3改 FCS

レーダー
FCS-3改 多機能レーダー
(捜索用、FC用アンテナ各4面) 1基
OPS-20改 対水上レーダー 1基

ソナー OQQ-21 統合ソナー・システム

電子戦・対抗手段
NOLQ-3C 統合電子戦システム
Mk 36 SRBOC 対抗手段システム
(Mk.137 チャフ・フレア発射機×4基)

概要
海上自衛隊初の全通ヘリ発着甲板を設けた護衛艦。「はるな」型の代替として建造されたが、
3機同時発着艦などヘリコプター運用能力は格段に向上した。
指揮通信能力も優れ、旗艦としてはもちろん、災害時などに洋上司令部の機能も果たせる。

備考
満載排水量は推定で19,000tとされ、他国海軍などの軽空母と同等か上回っており、
正式には「ヘリコプター搭載護衛艦」だが、ヘリコプター空母(ヘリ空母)と称されることもある。
ハリアーIIやF-35BのようなSTOVL機を搭載した軽空母と比較される場合もあるが、
艦首にスキージャンプ勾配などを持たず、防衛省内では、固定翼機の運用は想定、計画されていない。

就役艦艇
DDH-181 ひゅうが hyuga
DDH-182 いせ ise

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗(日の丸) 復旧作業

jmsdf_10139.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗(日の丸) 復旧作業

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗 日の丸 復旧作業

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗(日の丸) 復旧作業

jmsdf_10138.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗(日の丸) 復旧作業

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗 日の丸 復旧作業

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗(日の丸) 復旧作業

jmsdf_10137.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗(日の丸) 復旧作業

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 負傷者搬送訓練 艦首 日章旗 日の丸 復旧作業

[Permalink] [Download]

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 負傷者搬送訓練 UH-60J 救難ヘリ 発艦

jmsdf_10136.jpg :: 横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 負傷者搬送訓練 UH-60J 救難ヘリ 発艦

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

横須賀市総合防災訓練 海上自衛隊横須賀地方総監部 逸見岸壁 平成22年10月3日 DDH-181 ひゅうが Hyuga 負傷者搬送訓練 UH-60J 救難ヘリ 発艦

ひゅうが型 DDH HYUGA Class ヘリコプター搭載護衛艦

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)
艦名 旧国名[1]
建造期間 2006年 - 2009年
就役期間 2009年 - 就役中(1隻艤装中)
前級 DDH:しらね型護衛艦
次級 DDH:19500トン型護衛艦

性能要目
排水量 基準:13,950トン[2]
満載:19,000トン(推定値)
全長 197m
全幅 33m
高さ 48m
吃水 7m

機関
COGAG方式 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 30ノット
航続距離 
乗員 約340 - 360名[3]

兵装
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
12.7mm機銃 7基
Mk 41 VLS (16セル)
• ESSM 短SAM• 07式 SUMを発射可能 1基
HOS-303 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機
SH-60K 哨戒ヘリコプター 3機
MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター 1機
最大積載機数 11機

C4I
MOFシステム
GCCS-M
NTDS (リンク 11/14/16)
OYQ-10 ACDS
FCS-3改 FCS

レーダー
FCS-3改 多機能レーダー
(捜索用、FC用アンテナ各4面) 1基
OPS-20改 対水上レーダー 1基

ソナー OQQ-21 統合ソナー・システム

電子戦・対抗手段
NOLQ-3C 統合電子戦システム
Mk 36 SRBOC 対抗手段システム
(Mk.137 チャフ・フレア発射機×4基)

概要
海上自衛隊初の全通ヘリ発着甲板を設けた護衛艦。「はるな」型の代替として建造されたが、
3機同時発着艦などヘリコプター運用能力は格段に向上した。
指揮通信能力も優れ、旗艦としてはもちろん、災害時などに洋上司令部の機能も果たせる。

備考
満載排水量は推定で19,000tとされ、他国海軍などの軽空母と同等か上回っており、
正式には「ヘリコプター搭載護衛艦」だが、ヘリコプター空母(ヘリ空母)と称されることもある。
ハリアーIIやF-35BのようなSTOVL機を搭載した軽空母と比較される場合もあるが、
艦首にスキージャンプ勾配などを持たず、防衛省内では、固定翼機の運用は想定、計画されていない。

就役艦艇
DDH-181 ひゅうが hyuga
DDH-182 いせ ise
性能・主要諸元 UH-60J 救難ヘリコプター

乗員: 5名
全長: 19.76 m
全幅: 5.43 m
全高: 5.13 m
全幅:
ローター直径: 16.36 m
円板面積: 210 m2
空虚重量:
運用時重量: 9,900 kg[4]
最大離陸重量: 11,100 kg[3]
動力: GE/IHI T700-IHI-401C ターボシャフトエンジン、 (1,662 shp) × 2

性能
最大速度: 約265 km/h (143 kt)
巡航速度: 約235 km/h (127 kt)
フェリー飛行時航続距離: 2,200 km[3]
航続距離: 約1,295 km
実用上昇限度: 約4,000 m (13,500 ft)

武装
ドアに12.7mm重機関銃M2、両側面の窓に5.56mm機関銃MINIMIを装備可能

海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊で採用されておりそれぞれで装備品等の違いがある。

[Permalink] [Download]

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!