海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 6740  yesterday : 4761  total : 21405120

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma

jmsdf_05670.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

jmsdf_05669.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

あさぎり型 DD ASAGIRI Class 汎用護衛艦

艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1985年 - 1989年
就役期間 1988年 - 就役中
前級 DD:はつゆき型護衛艦
次級 DD:むらさめ型護衛艦

性能要目
排水量 基準 3,500t (DD-155以降50t増)
満載 4,900t (DD-155以降50t増)
全長 137m
全幅 14.6m
深さ 8.8m
吃水 4.4m(DD-155以降4.5m)
機関 COGAG方式(54,000PS), 2軸推進
SM1A ガスタービンエンジン 4基
速力 最大30kt
乗員 220名

兵装 
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
シースパロー短SAM8連装発射機 1基
ハープーンSSM4連装発射筒 2基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
HOS-302A 3連装魚雷発射管 2基

艦載機
HSS-2B/SH-60J哨戒ヘリコプター 1機

C4I 
MOFシステム(SUPERBIRD B2衛星通信)
海軍戦術情報システム(リンク 11/14)
OYQ-6/7 CDS
FCS-2-22A 主砲FCS
FCS-2-12E/G ミサイルFCS
SFCS-6B 水中FCS

レーダー
OPS-14C二次元対空レーダー
(DD-155以降OPS-24三次元対空レーダー)
OPS-28C対水上レーダー

ソナー
OQS-4A船底装備ソナー
OQR-1戦術曳航ソナー

電子戦・対抗手段
NOLR-8 ESM装置
OLR-9C ミサイル警報装置
OLT-3 ECM装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25 対魚雷デコイ

概要
「はつゆき」型の拡大改良型、主装備は同じであるが、フォークランド紛争の教訓を取り入れて、
火災予防のため、構造をすべてスチール製とした為、船体が約500トン大型化した。艦内容量に余裕がある。
哨戒ヘリコプターも、必要に応じ、2機の搭載が可能である。

就役艦艇
DD-153 ゆうぎり Yugiri
DD-154 あまぎり Amagiri
DD-155 はまぎり Hamagiri
DD-156 せとぎり Setogiri
DD-157 さわぎり Sawagiri
DD-158 うみぎり Umigiri
むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DDG-174 きりしま Kirishima 内火艇

jmsdf_05668.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DDG-174 きりしま Kirishima 内火艇

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DDG-174 きりしま Kirishima 内火艇

こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DD-105 いなづま Inazuma 内火艇

jmsdf_05667.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DD-105 いなづま Inazuma 内火艇

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DD-105 いなづま Inazuma 内火艇

むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DDG-174 きりしま Kirishima 内火艇

jmsdf_05666.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DDG-174 きりしま Kirishima 内火艇

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 DDG-174 きりしま Kirishima 内火艇

こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

jmsdf_05665.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 しらせ Shirase DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

あさぎり型 DD ASAGIRI Class 汎用護衛艦

艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1985年 - 1989年
就役期間 1988年 - 就役中
前級 DD:はつゆき型護衛艦
次級 DD:むらさめ型護衛艦

性能要目
排水量 基準 3,500t (DD-155以降50t増)
満載 4,900t (DD-155以降50t増)
全長 137m
全幅 14.6m
深さ 8.8m
吃水 4.4m(DD-155以降4.5m)
機関 COGAG方式(54,000PS), 2軸推進
SM1A ガスタービンエンジン 4基
速力 最大30kt
乗員 220名

兵装 
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
シースパロー短SAM8連装発射機 1基
ハープーンSSM4連装発射筒 2基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
HOS-302A 3連装魚雷発射管 2基

艦載機
HSS-2B/SH-60J哨戒ヘリコプター 1機

C4I 
MOFシステム(SUPERBIRD B2衛星通信)
海軍戦術情報システム(リンク 11/14)
OYQ-6/7 CDS
FCS-2-22A 主砲FCS
FCS-2-12E/G ミサイルFCS
SFCS-6B 水中FCS

レーダー
OPS-14C二次元対空レーダー
(DD-155以降OPS-24三次元対空レーダー)
OPS-28C対水上レーダー

ソナー
OQS-4A船底装備ソナー
OQR-1戦術曳航ソナー

電子戦・対抗手段
NOLR-8 ESM装置
OLR-9C ミサイル警報装置
OLT-3 ECM装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25 対魚雷デコイ

概要
「はつゆき」型の拡大改良型、主装備は同じであるが、フォークランド紛争の教訓を取り入れて、
火災予防のため、構造をすべてスチール製とした為、船体が約500トン大型化した。艦内容量に余裕がある。
哨戒ヘリコプターも、必要に応じ、2機の搭載が可能である。

就役艦艇
DD-153 ゆうぎり Yugiri
DD-154 あまぎり Amagiri
DD-155 はまぎり Hamagiri
DD-156 せとぎり Setogiri
DD-157 さわぎり Sawagiri
DD-158 うみぎり Umigiri
むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 油船(艦艇用油) YO-35 油船(艦艇用油) YO-36

jmsdf_05664.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 油船(艦艇用油) YO-35 油船(艦艇用油) YO-36

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 油船 艦艇用油 YO-35 YO-36

しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 曳船 YT-53

jmsdf_05663.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 曳船 YT-53

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 曳船 YT-53

しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)
性能・主要諸元 T-5 練習機

乗員 - 1名~4名
全長 - 8.44m
全幅 - 10.04m
全高 - 2.96m
最大離陸重量 - 1,805Kg
エンジン - ロールス・ロイス・アリソン 250-B17D ターボプロップエンジン 1基
出力 - 350軸馬力(shp)に制限(本来は420shp)
最大速度 - 357km/h (193kt)
航続距離 - 945km
実用上昇限度 - 7,620m

配備部隊
海上自衛隊小月航空基地 小月教育航空群 - 第201教育航空隊

事故
2001年(平成13年)9月14日、教官1名・練習生2名を乗せた6331号機が下関市高畑の霊鷲山山中に墜落。
教官1名と練習生1名が死亡、1名は顔面骨折など重傷を負った。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 交通船 YF-2151

jmsdf_05662.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 交通船 YF-2151

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 交通船 YF-2151

しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003(H17年度計画) DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

jmsdf_05661.jpg :: 海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋(岸壁) 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003(H17年度計画) DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊横須賀基地 吉倉桟橋 岸壁 平成21年5月30日 二代目しらせ 初一般公開 AGB-5003 H17年度計画 DDG-174 きりしま Kirishima DD-105 いなづま Inazuma DD-158 うみぎり Umigiri

あさぎり型 DD ASAGIRI Class 汎用護衛艦

艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1985年 - 1989年
就役期間 1988年 - 就役中
前級 DD:はつゆき型護衛艦
次級 DD:むらさめ型護衛艦

性能要目
排水量 基準 3,500t (DD-155以降50t増)
満載 4,900t (DD-155以降50t増)
全長 137m
全幅 14.6m
深さ 8.8m
吃水 4.4m(DD-155以降4.5m)
機関 COGAG方式(54,000PS), 2軸推進
SM1A ガスタービンエンジン 4基
速力 最大30kt
乗員 220名

兵装 
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
シースパロー短SAM8連装発射機 1基
ハープーンSSM4連装発射筒 2基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
HOS-302A 3連装魚雷発射管 2基

艦載機
HSS-2B/SH-60J哨戒ヘリコプター 1機

C4I 
MOFシステム(SUPERBIRD B2衛星通信)
海軍戦術情報システム(リンク 11/14)
OYQ-6/7 CDS
FCS-2-22A 主砲FCS
FCS-2-12E/G ミサイルFCS
SFCS-6B 水中FCS

レーダー
OPS-14C二次元対空レーダー
(DD-155以降OPS-24三次元対空レーダー)
OPS-28C対水上レーダー

ソナー
OQS-4A船底装備ソナー
OQR-1戦術曳航ソナー

電子戦・対抗手段
NOLR-8 ESM装置
OLR-9C ミサイル警報装置
OLT-3 ECM装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25 対魚雷デコイ

概要
「はつゆき」型の拡大改良型、主装備は同じであるが、フォークランド紛争の教訓を取り入れて、
火災予防のため、構造をすべてスチール製とした為、船体が約500トン大型化した。艦内容量に余裕がある。
哨戒ヘリコプターも、必要に応じ、2機の搭載が可能である。

就役艦艇
DD-153 ゆうぎり Yugiri
DD-154 あまぎり Amagiri
DD-155 はまぎり Hamagiri
DD-156 せとぎり Setogiri
DD-157 さわぎり Sawagiri
DD-158 うみぎり Umigiri
むらさめ型 DD MURASAME Class 汎用護衛艦

艦級概観
艦種 護衛艦(DD:汎用護衛艦)
建造期間 1993年 - 2000年
就役期間 1996年 - 就役中
前級 DD:あさぎり型護衛艦
次級 DD:たかなみ型護衛艦

主要諸元
排水量 基準 4,550トン
満載 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関
COGAG方式; 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン (16,500PS) 2基
SM1Cガスタービンエンジン (13,500PS) 2基
速力 最大30ノット
乗員 165名

兵装
62口径76mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲 (CIWS) 2基
Mk48 Mod0→Mod4 VLS
(シースパロー→ESSM 短SAM用:16セル) 1基
Mk41 VLS(VLA SUM用:16セル) 1基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J / K哨戒ヘリコプター 1/2機

C4I
MOFシステム(SUPERBIRD B2)
戦術データ・リンク(リンク 11+14)
OYQ-9 CDS+OYQ-103 ASWCS
FCS-2-31 射撃管制装置 2基

レーダー
OPS-24 3次元 1基
OPS-28D対水上 1基

ソナー
OQS-5艦首ソナー 1基
OQR-2戦術曳航ソナー 1基

電子戦・対抗手段
NOLQ-3統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ・フレア発射機
SLQ-25曳航式対魚雷デコイ

概要
主要武器、運用思想などは従来の「はつゆき」型や「あさぎり」型と同様であるが、省人化・居住性を重視、
改善した結果、大型化の一方、乗員数は減少した。短SAM(対空ミサイル)とASROC(対潜水艦ミサイル)の
発射システムを従来のランチャー方式から、レスポンスの速い垂直発射方式(VLS)を採用した。

就役艦艇
DD-101 むらさめ Murasame
DD-102 はるさめ Harusame
DD-103 ゆうだち Yudachi
DD-104 きりさめ Kirisame
DD-105 いなづま Inazuma
DD-106 さみだれ Samidare
DD-107 いかづち Ikazuchi
DD-108 あけぼの Akebono
DD-109 ありあけ Ariake
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai
しらせ型 AGB SHIRASE Class 砕氷艦

艦歴(AGB-5003)
発注 2005年
起工 2007年3月15日
進水 2008年4月16日
就役 2009年5月20日
従事隊次 第51次(2009年)~

性能諸元(AGB-5003)
排水量 基準 約12,500トン
全長 138m、水線間長 126m
全幅 28m
吃水 9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(PWMインバータ方式)、
2軸推進、30,000PS
最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名
隊員 80名
輸送物資 約1,100t
艦載機 CH-101×2機、AS355級×1機

就役艦艇
AGB-5003 しらせ Shirase (二代目しらせ)

[Permalink] [Download]

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!