海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 3491  yesterday : 6886  total : 21955115

千葉地本広報 船橋南埠頭 イベント 体験航海 平成21年5月30日 SS-587 わかしお Wakashio

jmsdf_05551.jpg :: 千葉地本広報 船橋南埠頭 イベント 体験航海 平成21年5月30日 SS-587 わかしお Wakashio

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

千葉地本広報 船橋南埠頭 イベント 体験航海 平成21年5月30日 SS-587 わかしお Wakashio

はるしお型 SS HARUSHIO Class 通常動力型潜水艦

艦級概観
艦種 潜水艦
建造期間 1987年 - 1995年
就役期間 1990年 - 就役中
前級 ゆうしお型潜水艦
次級 おやしお型潜水艦

性能諸元(1番艦~6番艦)
排水量 基準排水量:2,450t
水中排水量:3,200t
予備浮力:12.2%
全長 77m
全幅 10m
全高 
吃水 7.7m

機関
ディーゼル・エレクトリック1軸推進(水上3,447Ps 水中7,300Ps)
川崎重工12V25/25S型ディーゼル 2基
川崎 交流発電機(出力3.7MW) 2基
主電動機 1基
7翼ハイスキュード・スクリュー
速力 水上12ノット 水中20ノット
乗員 75名(幹部10名、海曹士65名)

兵装
533mm魚雷発射管
• 80式・89式魚雷
• ハープーン対艦ミサイル
合計20発 6門

ソナー ZQQ-5(統合式)

潜水艦指揮管制装置 ZYQ-2

レーダー
ZPS-6
警戒ZLA-6

就役艦艇
SS-583 はるしお Harushio
SS-584 なつしお Natsushio
SS-585 はやしお Hayashio
SS-586 あらしお Arashio
SS-587 わかしお Wakashio
SS-588 ふゆしお Fuyushio
SS-589 あさしお Asashio

[Permalink] [Download]

千葉地本広報 体験航海 平成21年5月30日 会場ゲート

jmsdf_05550.jpg :: 千葉地本広報 体験航海 平成21年5月30日 会場ゲート

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

千葉地本広報 体験航海 平成21年5月30日 会場ゲート

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05549.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05548.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05547.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05546.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05545.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05544.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05543.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

jmsdf_05542.jpg :: 海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊小月航空基地 2009.09.28 YS-11 オーバーラン 事故

性能・主要諸元 YS-11 輸送機

乗員 - 2名
定員 - 56~64名
全長 - 26.3 m
全幅 - 32.0 m
全高 - 8.98 m
主翼面積 - 94.8 m²
胴体直径 - 2.88 m
自重 - 14,600kg(A-100型) 15,400kg(A-500型)
最大離陸重量 - 23,500kg(A-100型) 24,500kg(A-200型) 25,000kg(A-500型)
エンジン - ロールス・ロイス ダート ターボプロップエンジン2660~3,060 shp×2
最大巡航速度 - 470~480 km/h
失速速度 - 140 km/h
航続距離 - 1,090 km(フル搭載時) 2,200 km(最大)

海上自衛隊採用の機体
YS-11M
YS-11-100の海上自衛隊輸送機。海上自衛隊唯一の輸送機で、全国の海自航空基地を定期・不定期で結んでおり、
硫黄島や南鳥島へも飛び、物資を輸送している。床を強化、室内運搬装置の設置、胴体後部に大型カーゴドアを増設し、
機内は60m3か最大容積8m3までの貨物を搭載できる。

YS-11M-A
YS-11A-400と300/600の海上自衛隊輸送機。内装では特にMとの違いはないが、YS-11Aであることから基本性能が異なる。
Y
S-11T-A
海上自衛隊の機上作業訓練機。対潜哨戒機に搭乗する乗務員を養成する機体で、胴体下部に巨大レドームを設置し、
低高度任務が多いことから与圧室を廃し、空調は機器の冷却に使用されている。
このため夏場は蒸し風呂となる。当初はP-2JやPS-1の乗員を育成するため、哨戒機器もP-2Jの物を用意した。
後にP-3Cが導入されると、T-Aの機器も合わせて更新された。6機。

[Permalink] [Download]

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!