海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 1949  yesterday : 11256  total : 30777200

検索の結果

パネル展示

に関連するファイルを表示中。


埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 電灯艦飾

jmsdf_08289.jpg :: 埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 電灯艦飾

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 電灯艦飾

[Permalink] [Download]

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 SH-60K 哨戒ヘリ

jmsdf_08288.jpg :: 埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 SH-60K 哨戒ヘリ

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 SH-60K 哨戒ヘリ

性能・主要諸元 SH-60K 哨戒機

乗員: 3・4名、最大12名
全長: 19.8m(ローター回転時)
全幅: 3.3m(ローター折りたたみ時)・16.4m(ローター回転時)
全高: 5.4m
主回転翼直径: 16.4m
テールローター直径: 3.4m
全備重量: 10.65t
最大設計重量: 24000ポンド(約10.9t)
発動機: GE/IHI T700-IHI-401C2 ×2
出力: 2,055shp×2
超過禁止速度: 139ノット(ちなみにSH-60Jは180ノット)
航続距離:約800km
実用上昇限度:約4000m

武装 
74式7.62mm機関銃×1(必要に応じて搭載)
Mk46魚雷、97式短魚雷、AGM-114M、対潜爆弾

主要装備品 
戦術情報処理表示装置
通信器材 
UHF無線機 航空無線
UHF/VHF無線機 船舶無線
暗号通信装置
データリンク装置
HF無線機(航空管制隊、護衛艦、基地司令部との通信用。最大到達半径約300海里)
航法器材 
自動操縦装置
慣性航法装置
ドップラーレーダー航法装置
TACAN航法装置
VOR航法装置
UHF/DF
哨戒用器材 
レーダー最大捜索距離 約100nm(180km、高度約2000mでの数値)
ディッピングソーナー
ソノブイ×25本
ESM逆探装置(敵捜索用レーダーの探知方位を母艦に知らせ、さらに敵射撃管制用レーダーの被照射をパイロットに知らせる)
MAD(オプティカルポンピング式磁気探知機 AN/AQS-81シリーズ、探知範囲約500m)
FLIR(赤外線暗視装置、一部のみ)
航空カメラ、暗視双眼鏡、ジャイロ付き双眼鏡、画像伝送装置
救難用器材 
サーチライト
レスキューホイスト(荷重制限600lb / 約270kg)
カーゴフック(荷重制限4000ポンド / 約1900kg)
海面着色剤(マリンロケーションマーカー)

その他 
RAST(着艦拘束装置)
自機防御装置(チャフ/フレア)
GPS
機外燃料タンク(JP-5 800ポンド / 約1時間飛行可能)
マーカーシューター(発煙筒投下器。発煙筒Mk-7(15分間燃焼)またはMk-6(約45分間燃焼))
水中発音弾(音響警告用。電子音型と爆発音型がある)
空中消火器材
カーゴフック 機外取付貨物、最大荷重約2t

[Permalink] [Download]

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 DDG-171 はたかぜ Hatakaze

jmsdf_08287.jpg :: 埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 DDG-171 はたかぜ Hatakaze

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

埼玉地本広報 体験航海 東京港晴海埠頭 平成22年6月5日 パネル展示 DDG-171 はたかぜ Hatakaze

はたかぜ型 DDG HATAKAZE Class ミサイル護衛艦

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1983年 - 1987年
就役期間 1986年 - 就役中
前級 DDG:たちかぜ型護衛艦
次級 DDG:こんごう型護衛艦

性能諸元
排水量 基準:4,600t(DDG-172は50t増)
満載:5,900t(DDG-172は50t増)
全長 150m
全幅 16.4m
吃水 4.8m
深さ 9.8m

機関
COGAG方式(72,000ps)2軸推進
ロールス・ロイス オリンパス TM3Bガスタービンエンジン 2基
ロールス・ロイス スペイ SM1A 2基
速力 最大30ノット
乗員 260人

兵装
73式54口径5インチ単装砲 2基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 13 mod 3 ミサイル単装発射機 
• スタンダード SAMを発射可能 1基
ハープーンSSM4連装発射機 2基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
68式3連装短魚雷発射管 2基

レーダー
OPS-11C 対空レーダー
OPS-28B 対水上レーダー
SPS-52C 三次元レーダー

ソナー 艦首バウソナー OQS-4

FCS ミサイル:SPG-51C 2基
砲:81式射撃指揮装置2型21A 2基

電子戦・対抗手段
ESM/ECM:NOLQ-1-3
ESM:OLR-9B
チャフ発射機:US Mk 137 4基

就役艦艇
DDG-171 はたかぜ Hatakaze
DDG-172 しまかぜ Shimakaze

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 とわだ型 AOE TOWADA Class

jmsdf_07741.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 とわだ型 AOE TOWADA Class

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 とわだ型 AOE TOWADA Class

とわだ型 AOE TOWADA Class 補給艦

艦級概観
艦種 補給艦
建造期間 1985年 - 1989年
就役期間 1987年 - 就役中
前級 さがみ
次級 ましゅう型補給艦

性能諸元
排水量 基準:8,100t(AOE422・423は8,150t)
満載:15,850t
全長 167 m
全幅 22 m
吃水 8.1 m(AOE423・424は8.2m)
深さ 15.9 m
機関 2軸推進
三井16V42M-A ディーゼル(26,000hp) 2基
速力 22ノット
航続距離 20ノットで10,500海里
乗員 140名

レーダー OPS-18対水上レーダー

電子戦・対抗手段
Mk137チャフ6連装発射機 4基

搭載機 着艦スペースのみ

概要
船体の前半分が給油と弾薬・糧食等の物資搭載設備、後部が飛行甲板になっており、
飛行甲板は将来、大型機の発着艦が可能なように、余裕を持たせている。
コンピューター利用の燃料補給状況判断装置や補給品の艦内移送装置などの各種の自動化
が図られている。護衛艦部隊の長期行動を支援する艦艇である。
「ときわ」以降、居住性向上のため若干大型化している。

就役艦艇
AOE-422 とわだ Towada
AOE-423 ときわ Tokiwa
AOE-424 はまな Hamana

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 ましゅう型 AOE MASYUU Class

jmsdf_07740.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 ましゅう型 AOE MASYUU Class

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 ましゅう型 AOE MASYUU Class

ましゅう型 AOE MASYUU Class 補給艦

艦級概観
艦種 補給艦
建造期間 2002年 - 2004年
就役期間 2004年 - 就役中
前級 とわだ型補給艦
次級 最新

性能諸元
排水量 基準:13,500トン
満載:25,000トン
全長 221m
全幅 27m
深さ 18m
吃水 8m
機関 2軸推進
スペイSM1Cガスタービンエンジン(40,000hp) 2基
速力 24ノット
航続距離 
乗員 145名

兵装
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基

レーダー
OPS-28E対水上レーダー
OPS-20航海レーダー
NOLR-8B電波探知装置(ESM)

電子戦・対抗手段
Mk137チャフ6連装発射機 4基

搭載機 着艦スペースと格納庫

概要
「とわだ」型の改良型で5,000トン大型化し、各種補給物品や燃料の搭載能力が大幅に向上した。
主機には補給艦として初めてガスタービンを採用、最大速力24ktと艦隊随判能力を高めている。
集中治療室などの医療施設も充実させ、災害派遣、PKO、在外邦人輸送などの活動にも対応する能力を有する。
海外での長期行動にも対応できるよう、航続距離の延伸も図られている。

就役艦艇
AOE-425 ましゅう Mashu
AOE-426 おうみ Omi

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 エアクッション艇1号型 LCAC Class

jmsdf_07739.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 エアクッション艇1号型 LCAC Class

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 エアクッション艇1号型 LCAC Class

1号型 LCAC Class エア・クッション型揚陸艇

排水量:約100t
全長:24.7m
全幅:13.3m
機関:ガスタービン4基(出力 16,000馬力)
最高速力:40ノット以上
乗員:5名
最大搭載人員:180名(多目的コンテナ積載時)
積載能力:最大約75t
航続距離:200マイル

Landing Craft Air Cushion = LCAC

概要

主に輸送艦「おおすみ」型に搭載して運用するホバークラフト型の輸送艇。
輸送艦後部ランプを開いて発進。
エアクッション艇なので上陸地の地質などにあまり影響を受けずに揚陸できる。
陸自の90式戦車2両、人員30人、重量にして約50トンの積載力がある。

就役艦艇
LCAC-2101 エアクッション艇1号
LCAC-2102 エアクッション艇2号
LCAC-2103 エアクッション艇3号
LCAC-2104 エアクッション艇4号
LCAC-2105 エアクッション艇5号
LCAC-2106 エアクッション艇6号

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 おおすみ型 LST OSUMI Class

jmsdf_07738.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 おおすみ型 LST OSUMI Class

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 おおすみ型 LST OSUMI Class

おおすみ型 LST OSUMI Class 輸送艦

艦級概観
艦種 輸送艦
建造期間 1995年 - 2001年
就役期間 1998年 - 就役中
前級 みうら型輸送艦
次級 最新

要目
排水量 基準:8,900トン
満載:14,000トン
全長 178.0m
全幅 25.8m
深さ 17.0m
吃水 6.0m
機関 2軸推進
三井 16V42M-Aディーゼルエンジン(27,000hp) 2基
速力 最大22kt
乗員 135名

兵装
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基

レーダー
OPS-14C 対空レーダー
OPS-28D 水上レーダー
OPS-20 航海レーダー

電子戦・対抗手段
Mk 36 SRBOCチャフ発射装置 4基

輸送能力
搭載艇 LCACエアクッション揚陸艇 2隻
人員 普通科3個中隊:330人
車輛
90式戦車 10輌
または74式戦車 12輌

概要
海上自衛隊の輸送艦として初めて戦車等の揚陸手段としてホバークラフト型の輸送用エアクッション艇LCACを2隻搭載した。
これにより従来艦のようにビーチングする必要が無い。
甲板は後部にヘリコプター発着場、前部に車両を積むスペースをまとめて確保する為、艦橋構造物を右舷に寄せた。
90式戦車10両と完全装備の陸自普通科3個中隊(330人)を運べる。
広い医務室や艦内のタンクデッキには1,000人程度が収容可能であり、災害時の救援などにも活用できる。

就役艦艇
LST-4001 おおすみ Osumi
LST-4002 しもきた Shimokita
LST-4003 くにさき Kunisaki

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 こんごう型 DDG KONGOU Class イージスシステム主要要目

jmsdf_07737.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 こんごう型 DDG KONGOU Class イージスシステム主要要目

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 こんごう型 DDG KONGOU Class イージスシステム主要要目

こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 こんごう型 DDG KONGOU Class

jmsdf_07736.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 こんごう型 DDG KONGOU Class

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 こんごう型 DDG KONGOU Class

こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 あたご型 DDG ATAGO Class

jmsdf_07735.jpg :: 第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 あたご型 DDG ATAGO Class

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

第12回咸臨丸フェスティバル 咸臨丸浦賀出港150周年 特別イベント 艦船ウォッチ 一般公開 平成22年4月25日 海上自衛隊広報ブース パネル展示 あたご型 DDG ATAGO Class

あたご型 DDG ATAGO Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 2004年 - 2006年
就役期間 2007年 - 就役中
前級 DDG:こんごう型護衛艦
次級 最新

性能諸元
排水量 基準:7,700トン
満載:10,000トン(予想)
全長 165m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m

機関
COGAG方式(100,000ps), 2軸推進
LM2500ガスタービンエンジン 4基
速力 30ノット以上
乗員 300人

兵装
Mk.45 Mod.4 5インチ単装砲(62口径5インチ単装速射砲) 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk.41 mod.15 VLS (64+32セル) 
• スタンダードSM-2 SAM
• VLA SUMを発射可能 2基
90式艦対艦誘導弾4連装発射筒 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基
艦載機
SH-60J / K哨戒ヘリコプター
(常時搭載機なし) 1機

C4I
MOFシステム
AWS Mk 7+SQQ-89+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28E対水上レーダー

ソナー SQS-53C艦首装備ソナー

FCS
Mk 99ミサイルFCS 3基
Mk 160砲FCS
Mk 116水中FCS

電子戦・対抗手段
ESM/ECM:NOLQ-2
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
イージス艦「こんごう」型の発展型で、最新のイージスシステムを搭載し、ヘリコプター格納庫を備え、
SH-60Kを搭載でき、ステルス性の強化等「こんごう」型に比べ、各所で改良が図られている。
VLS発射装置を前部と後部格納庫上部に装備し、127mm速射砲は米海軍最新型の62口径5インチ単装速射砲変更されている。

就役艦艇
DDG-177 あたご Atago
DDG-178 あしがら Ashigara

[Permalink] [Download]

サイト内検索

番号 情報タグ 日付 オリジナルファイル MD5

AND OR

 

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!