海上自衛隊 JMSDF rie

日本国 海上自衛隊 JMSDF (Japan Maritime Self Defence Force) 関連のファンサイトです。海上自衛隊関連の艦艇、航空機の写真、画像、動画などをデータベースからすばやく検索できます。

English

today : 0848  yesterday : 6064  total : 23656663

検索の結果

平成18年度 観艦式 予行3

に関連するファイルを表示中。


海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 おやしお 潜水艦

jmsdf_01324.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 おやしお 潜水艦

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 おやしお 潜水艦

おやしお型 SS OYASHIO Class 通常動力型潜水艦

艦級概観
艦種 潜水艦
建造期間 1994年 - 2006年
就役期間 1998年 - 就役中
前級 はるしお型潜水艦
次級 そうりゅう型潜水艦

性能諸元
排水量 基準排水量:2,750t
水中排水量:4,000t
全長 82.0m
全幅 8.9m
吃水 7.4m
機関 1軸 7,750ps
川崎12V25/25Sディーゼル機関 2基
主電動機 1基
速力 水上:12ノット / 水中:20ノット
航続距離 
乗員 70名

兵装
HU-605
533mm魚雷発射管 
• 89式魚雷• ハープーン対艦ミサイル 6門

ソナー ZQQ-6
情報処理装置 ZYQ-3
レーダー ZPS-6

概要
海上自衛隊の潜水艦として初めて船全体をセンサーとするソナーを搭載し索敵能力を向上した。
船体全般に音響吸収材(無反響タイル)を取り付けたほか、船体の傾斜角によりステルス性を
向上させている。そのほか情報処理・指揮能力の向上も実現している。

就役艦艇
SS-590 おやしお Oyashio
SS-591 みちしお Michishio
SS-592 うずしお Uzushio
SS-593 まきしお Makishio
SS-594 いそしお Isoshio
SS-595 なるしお Narushio
SS-596 くろしお Kuroshio
SS-597 たかしお Takashio
SS-598 やえしお Yaeshio
SS-599 せとしお Setoshio
SS-600 もちしお Mochishio

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 SH-60K

jmsdf_01323.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 SH-60K

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 SH-60K

性能・主要諸元 SH-60K 哨戒機

乗員: 3・4名、最大12名
全長: 19.8m(ローター回転時)
全幅: 3.3m(ローター折りたたみ時)・16.4m(ローター回転時)
全高: 5.4m
主回転翼直径: 16.4m
テールローター直径: 3.4m
全備重量: 10.65t
最大設計重量: 24000ポンド(約10.9t)
発動機: GE/IHI T700-IHI-401C2 ×2
出力: 2,055shp×2
超過禁止速度: 139ノット(ちなみにSH-60Jは180ノット)
航続距離:約800km
実用上昇限度:約4000m

武装 
74式7.62mm機関銃×1(必要に応じて搭載)
Mk46魚雷、97式短魚雷、AGM-114M、対潜爆弾

主要装備品 
戦術情報処理表示装置
通信器材 
UHF無線機 航空無線
UHF/VHF無線機 船舶無線
暗号通信装置
データリンク装置
HF無線機(航空管制隊、護衛艦、基地司令部との通信用。最大到達半径約300海里)
航法器材 
自動操縦装置
慣性航法装置
ドップラーレーダー航法装置
TACAN航法装置
VOR航法装置
UHF/DF
哨戒用器材 
レーダー最大捜索距離 約100nm(180km、高度約2000mでの数値)
ディッピングソーナー
ソノブイ×25本
ESM逆探装置(敵捜索用レーダーの探知方位を母艦に知らせ、さらに敵射撃管制用レーダーの被照射をパイロットに知らせる)
MAD(オプティカルポンピング式磁気探知機 AN/AQS-81シリーズ、探知範囲約500m)
FLIR(赤外線暗視装置、一部のみ)
航空カメラ、暗視双眼鏡、ジャイロ付き双眼鏡、画像伝送装置
救難用器材 
サーチライト
レスキューホイスト(荷重制限600lb / 約270kg)
カーゴフック(荷重制限4000ポンド / 約1900kg)
海面着色剤(マリンロケーションマーカー)

その他 
RAST(着艦拘束装置)
自機防御装置(チャフ/フレア)
GPS
機外燃料タンク(JP-5 800ポンド / 約1時間飛行可能)
マーカーシューター(発煙筒投下器。発煙筒Mk-7(15分間燃焼)またはMk-6(約45分間燃焼))
水中発音弾(音響警告用。電子音型と爆発音型がある)
空中消火器材
カーゴフック 機外取付貨物、最大荷重約2t

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 艦列を組む艦隊郡

jmsdf_01322.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 艦列を組む艦隊郡

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 艦列 組む艦隊郡

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai から望むくらま

jmsdf_01321.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai から望むくらま

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai 望むくらま

しらね型 DDH SHIRANE Class ヘリコプター搭載護衛艦

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦
建造期間 1977年 - 1979年
就役期間 1980年 - 就役中
前級 DDH:はるな型護衛艦
次級 DDH:ひゅうが型護衛艦

性能諸元
排水量 基準:5,200トン
満載:6,800トン
全長 159m
全幅 17.5m
深さ 11.0m
吃水 5.3m(くらま 5.5m)
機関 2軸推進
蒸気タービン(70,000hp) 2基
速力 32ノット(くらま 31ノット)
定員 350名(くらま 360名)

兵装
73式54口径5インチ単装速射砲 2基
高性能20ミリ機関砲(CIWS) 2基
シースパロー短SAM8連装発射機 1基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
HOS-301 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J哨戒ヘリコプター 3機

C4I
SFシステム[1]+OYQ-3+NTDS (リンク 11+14)

レーダー
OPS-12 3次元レーダー
OPS-28対水上レーダー

ソナー
OQS-101 艦首ソナー
SQS-35 VDS (DDH-143)
SQR-18(V)1 TACTASS (DDH-144)

FCS FCS-1 砲射撃指揮装置

就役艦艇
DDH-143 しらね Shirane
DDH-144 くらま Kurama
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 艦列を組む艦隊郡

jmsdf_01320.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 艦列を組む艦隊郡

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 艦列 組む艦隊郡

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDH-142 ひえい Hiei

jmsdf_01319.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDH-142 ひえい Hiei

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDH-142 ひえい Hiei

はるな型 DD HARUNA Class

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦
建造期間 1970年 - 1973年
就役期間 1974年 - 就役中(DDH-142のみ)
次級 DDH:しらね型護衛艦

性能諸元
排水量
基準
改装前:4,700t
改装後:4,950t(DDH-142は、5,050t)
満載
改装前:
改装後:6,850t(DDH-142は、6,950t)
全長 159m
全幅 17.5m
深さ 11.0m
吃水 5.2m
機関 2軸推進
蒸気タービン(70,000hp) 2基
速力 31kt
定員 370名

兵装
73式54口径5インチ単装速射砲 2基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
シースパロー短SAM8連装発射機 1基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
HOS-301 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 HSS-2B / SH-60J哨戒ヘリコプター 3機

レーダー
OPS-11 対空レーダー
OPS-28 対水上レーダー

就役艦艇
DDH-141 はるな Haruna
DDH-142 ひえい Hiei

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 艦列を組む艦隊郡

jmsdf_01318.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 艦列を組む艦隊郡

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 艦列 組む艦隊郡

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 SH-60J

jmsdf_01317.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 SH-60J

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 SH-60J

性能・主要諸元 SH-60J 哨戒機

乗員:3名
最大乗組員数:8名
全長:19.8m
胴体幅:4.4m
全高:5.4m
主回転翼直径:16.4m
発動機:T700-IHI-401C×2(1800SHP×2)
燃料 JP-5
超過禁止速度:275km/h
実用上昇限度:5,790m
航続距離:約584km(最大)
自重:6.2t
最大離陸重量:9.7t

武装 
Mk46×2[1]
74式7.62mm機関銃×1(必要に応じて搭載)

主要装備品 
戦術情報処理表示装置
通信器材 
UHF無線機 航空無線
UHF/VHF無線機 船舶無線
暗号通信装置
データリンク装置
HF無線機(航空管制隊、護衛艦、基地司令部との通信用。最大到達半径約300海里)
航法器材 
自動操縦装置
慣性航法装置
ドップラーレーダー航法装置
TACAN航法装置
VOR航法装置
UHF/DF
哨戒用器材 
レーダー最大捜索距離 約100nm(180km、高度約2000mでの数値)
ディッピングソーナー
ソノブイ×25本
ESM逆探装置(敵捜索用レーダーの探知方位を母艦に知らせ、さらに敵射撃管制用レーダーの被照射をパイロットに知らせる)
MAD(オプティカルポンピング式磁気探知機 AN/AQS-81シリーズ、探知範囲約500m)
FLIR(赤外線暗視装置、一部のみ)
航空カメラ、暗視双眼鏡、ジャイロ付き双眼鏡、画像伝送装置
救難用器材 
サーチライト
レスキューホイスト(荷重制限600lb / 約270kg)
カーゴフック(荷重制限4000ポンド / 約1900kg)
海面着色剤(マリンロケーションマーカー)

その他 
RAST(着艦拘束装置)
自機防御装置(チャフ/フレア)
GPS
機外燃料タンク(JP-5 800ポンド / 約1時間飛行可能)
マーカーシューター(発煙筒投下器。発煙筒Mk-7(15分間燃焼)またはMk-6(約45分間燃焼))
水中発音弾(音響警告用。電子音型と爆発音型がある)
空中消火器材
カーゴフック 機外取付貨物、最大荷重約2t

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai から望む くらま

jmsdf_01316.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai から望む くらま

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 DDG-176 ちょうかい Chokai 望む くらま

しらね型 DDH SHIRANE Class ヘリコプター搭載護衛艦

艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載護衛艦
建造期間 1977年 - 1979年
就役期間 1980年 - 就役中
前級 DDH:はるな型護衛艦
次級 DDH:ひゅうが型護衛艦

性能諸元
排水量 基準:5,200トン
満載:6,800トン
全長 159m
全幅 17.5m
深さ 11.0m
吃水 5.3m(くらま 5.5m)
機関 2軸推進
蒸気タービン(70,000hp) 2基
速力 32ノット(くらま 31ノット)
定員 350名(くらま 360名)

兵装
73式54口径5インチ単装速射砲 2基
高性能20ミリ機関砲(CIWS) 2基
シースパロー短SAM8連装発射機 1基
74式アスロックSUM8連装発射機 1基
HOS-301 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 SH-60J哨戒ヘリコプター 3機

C4I
SFシステム[1]+OYQ-3+NTDS (リンク 11+14)

レーダー
OPS-12 3次元レーダー
OPS-28対水上レーダー

ソナー
OQS-101 艦首ソナー
SQS-35 VDS (DDH-143)
SQR-18(V)1 TACTASS (DDH-144)

FCS FCS-1 砲射撃指揮装置

就役艦艇
DDH-143 しらね Shirane
DDH-144 くらま Kurama
こんごう型 DDG KONGOU Class ミサイル護衛艦(イージス艦)

艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦(ミサイル駆逐艦)
建造期間 1990年 - 1996年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦

性能要目
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161m
全幅 21m
吃水 6.2m
深さ 12m
機関
COGAG方式 2軸推進
IHI製LM2500ガスタービンエンジン(100,000ps) 4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw) 3基
乗員 300人

兵装
54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk 41 mod 2 VLS (29+61セル) 
• スタンダードSM-2 SAM• スタンダードSM-3 ABM• VLA SUMを発射可能 2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基

艦載機 着艦スペースのみ

C4I
SFシステム (のちにMOFシステム)
AWS Mk 7+OYQ-102+リンク 11/14/16

レーダー
AN/SPY-1D多機能レーダー(4面) 1基
OPS-28D対水上捜索・低空警戒レーダー 1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー (SM-2用) 3基

ソナー
OQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー

FCS
ミサイル:Mk99/SPG-62 3基
127mm砲:81式射撃指揮装置2型21

電子戦・対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.137 チャフ・フレア発射機 4基

概要
海上自衛隊初のイージス艦。同システムは、目標の捜索・探知から情報処理、攻撃まで
を艦橋側面の高性能レーダー、コンピューター等により自動処理する対空ミサイルシステムである。
従来のターターシステムに比べ、レーダー探知覆域数百km以上、リアクションタイム半分以下、
10目標以上同時対処可能、最大射程100km以上と飛躍的に能力が向上した。
弾道ミサイル防衛のため、SM-3ミサイル搭載への改修工事が順次行われている。

就役艦艇
DDG-173 こんごう Kongo
DDG-174 きりしま Kirishima
DDG-175 みょうこう Myoko
DDG-176 ちょうかい Chokai

[Permalink] [Download]

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 ASR-403 ちはや Chihaya

jmsdf_01315.jpg :: 海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式(予行3) 平成18年10月27日 ASR-403 ちはや Chihaya

Screen Size :: [Small] [Medium] [Large]

詳細情報

海上自衛隊 平成18年度自衛隊観艦式 予行3 平成18年10月27日 ASR-403 ちはや Chihaya

ちはや型 ASR CHIHAYA Class 潜水艦救難艦

艦歴
発注 1996年
起工 1997年10月13日
進水 1998年10月8日
就役 2000年3月17日
退役 
その後 
除籍 

要目
排水量 基準 5,450トン
満載 6,900トン
全長 127.5m
全幅 20m
吃水 3m
機関 三井造船12V42M-Aディーゼル 2基 2軸推進、19,500PS
最大速 21ノット
乗員 125名

救難用装備
深海救難艇(DSRV)
深海潜水装置(DDS)
大気圧潜水装置
海底調査装置
自動艦位保持装置(DPS)

電子装置 OPS-20航海レーダー

搭載機 着艦スペースのみ

就役艦艇
ASR-403 ちはや Chihaya

[Permalink] [Download]

サイト内検索

番号 情報タグ 日付 オリジナルファイル MD5

AND OR

 

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! Valid RSS2.0!